ご家族様の一生涯に寄り添う動物病院であり続けたい。

ご家族様の一生涯に寄り添う動物病院であり続けたい。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為の当院の対応

1. 院内での対策

2. 本院予約診療の導入

3. 予防医療も予約診療にて実施

4. 混合ワクチン接種、狂犬病予防接種の再開

5. 避妊・去勢、検診健康診断の受付再開

6. フィラリア予防の実施

当院の対応詳細について

診療・治療の先にある
「安心」のために。

辻堂犬猫病院では、たとえ同じ症状・病気であったとしても、
「最適な治療」は飼い主様によってそれぞれ異なると考えています。
飼い主様・動物たちの気持ちを汲み取り、それぞれに合った
「最善の治療」を目指し、飼い主様との会話を大事にいたします。
治療の先を見据え、私たちは心の通った「安心の医療」を提供いたします。

当動物病院のご案内

ABOUT US

当院について

2002年に開院して以来、一貫して辻堂エリアで動物医療に携わってきました。
幅広い治療をご提案するために、常に先進医療を提供できるよう日々精進しています。
現在では一般診療・各種専門科をご受診いただける「辻堂犬猫病院 本院」と、主に予防医療に取り組む
「辻堂犬猫病院 予防センター」を構えています。目的に応じてご受診ください。

PREVENTION TO MEDICAL

予防から治療まで

prevention

予防

日頃の予防に積極的に取り組むことで、動物たちの健康寿命を伸ばすことができます。病気の早期発見は飼い主様、動物たち双方にとって有益です。当院では複数の健康診断プランをご用意しています。

健康管理

medical

治療

体調不良や怪我を診ることはもちろん、腫瘍科・整形外科・循環器科・眼科・軟部外科の専門治療をご受診いただけます。幅広い症例に対し、専門的見地から治療にあたります。

受付の流れ

GENERAL PRACTCE

一般診療について

動物病院の一般診療とは、全ての科を診る診療を指します。
当院では内科、外科、消化器科、皮膚科、歯科など、あらゆる症状・病気に対し専門性の高い医療を提供するため、
全獣医師参加による毎日の症例共有会を実施しています。それにより、各獣医師の強みを活かした多角的な医療を実現しています。
気になることがあれば、お気軽にご相談ください。(一般診療ならびに専門診療は本院で実施しています)

HOSPITAL GUIDE

当院のご案内

辻堂犬猫病院 本院

TEL 0466-34-2200

TEL 0466-34-2200

神奈川県藤沢市辻堂太平台2-1-2 (グーグルマップ)
駐車場:26台分完備 (駐車場情報)

診療範囲 一般診療、専門診療、避妊去勢手術、トリミング、ホテル、健康診断、各種予防医療。(夜間診療についてはこちら)
予約方法 予約診療制です。予約なしでもご来院いだけますが、予約の方が優先となります。初めての方はお電話にてご予約ください。お薬・フードのみの方はお電話ください。

【午前】09:00~12:00【午後】16:00~19:00午前のみ

本院 WEB予約

現在休診中/予防センター

TEL 0466-53-7741

神奈川県藤沢市辻堂元町3-15-30 (グーグルマップ)
駐車場:3台分完備(駐車場情報)

診療範囲 フィラリア予防、ノミ・ダニ対策、ワクチン接種、狂犬病注射、血液健康診断 、外耳炎や皮膚疾患、
耳・爪・肛門腺の日常のケア。
予防医療や皮膚関係は予防センターへお越しください。
受付方法 現在休診中です
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×

【午前】09:00~12:00【午後】13:00~15:40午前のみ

獣医師のご指名も可能です

午前の11:40以降、午後の18:20以降の診療枠は指名が出来ません。予防医療に関しても指名が出来ません
※手術などの都合により担当医のご指名をお受け出来ない場合がございます。

PROFESSIONAL MEDICAL

専門医療のご案内

腫瘍科

動物たちの死亡理由のトップに挙げられるのが腫瘍(悪性腫瘍とはガンのこと)です。腫瘍の種類や悪性度を特定するために専門の検査を行い、内科的療法・外科的療法を組み合わせて治療します。

詳しく見る

整形外科

運動器(骨・軟骨、関節、筋肉、靭帯、神経など)に関する症状や病気の治療を行っています。脚を引きずる、痛がる、立ち上がれないなどの症状はご相談ください。

詳しく見る

循環器科

心臓が原因となり引き起こされる病気も多く見られるようになってきました。僧帽弁閉鎖不全症、拡張型心筋症、動脈管開存症など、循環器系の病気はお任せください。

詳しく見る

眼科

人と同様、動物たちも緑内障や白内障を発症します。また、目やにや涙の量の増加、眼の肥大化など、眼の病気も多種におよびます。各種検査のを行い診断をつけたのち、専門治療を行います。

詳しく見る

軟部外科

排便や排尿、呼吸など、あたりまえの事が苦痛なく行える様、患者とご家族にとって最善の外科的治療をご提案します。特に排便障害を伴う会陰ヘルニアや尿路の結石や腫瘍、短頭種気道症候群の予防治療に力を入れています。

詳しく見る

EFFORTS

医療への取り組み

私たちは日々進歩する先進動物医療を取り入れるべく、研鑽を積んでいます。現在は2名の腫瘍科認定医(日本獣医がん学会)が在籍している他、各大学や動物病院で専門知識を学んでいる者もおり、当院全体の医療レベル向上に役立てています。
ご家族様に、より安心いただける医療を提供すべく、私たちは歩み続けます。

4つの取組み

DONOR REGISTRATION

ドナー登録のお願い

当院では、大きな手術や重い病気のワンちゃん猫ちゃんに対して必要に応じて輸血を行っています。動物医療では人医療のような献血システムがないため、輸血用血液の確保が難しいのが現状です。
そこで、健康なワンちゃん猫ちゃんがいらっしゃるご家族様に献血ドナー登録をお願いしています。
ご興味ございましたら、まずは詳細についてお話させていただきます。

ドナー登録について