当動物病院のご案内

OPTIMAL TREATMENT PLAN

全獣医師による症例共有会、全看護師による治療会議を毎日実施。 経験豊富なスタッフから多角的な意見を取り入れ、 チーム医療・チーム看護で「あなたに最適な治療プラン」を検討します。

ABOUT US

当動物病院について

辻堂犬猫病院 本院

怪我や体調不良の対応、避妊去勢手術、健康診断、 整形外科、腫瘍科、循環器科、眼科、トリミング・ペットホテル。

辻堂犬猫病院 予防センター

フィラリア予防、ノミ・ダニ対策、ワクチン接種、狂犬病注射、血液健康診断、外耳炎や皮膚疾患、耳・爪・肛門腺などの日常のケア。

PROFESSIONAL MEDICAL

専門医療のご案内

腫瘍科

動物たちの死亡理由のトップに挙げられるのが腫瘍(悪性腫瘍とはガンのこと)です。腫瘍の種類や悪性度を特定するために専門の検査を行い、内科的療法・外科的療法を組み合わせて治療します。

代表的な腫瘍科疾患

整形外科

運動器(骨・軟骨、関節、筋肉、靭帯、神経など)に関する症状や病気の治療を行っています。脚を引きずる、痛がる、立ち上がれないなどの症状はご相談ください。

代表的な整形外科疾患

循環器科

心臓が原因となり引き起こされる病気も多く見られるようになってきました。僧帽弁閉鎖不全症、拡張型心筋症、動脈管開存症など、循環器系の病気はお任せください。

代表的な循環器科疾患

眼科

人と同様、動物たちも緑内障や白内障を発症します。また、目やにや涙の量の増加、眼の肥大化など、眼の病気も多種におよびます。各種検査のを行い診断をつけたのち、専門治療を行います。

代表的な眼科疾患

軟部外科

排便や排尿、呼吸など、あたりまえの事が苦痛なく行える様、患者とご家族にとって最善の外科的治療をご提案します。特に排便障害を伴う会陰ヘルニアや尿路の結石や腫瘍、短頭種気道症候群の予防治療に力を入れています。

代表的な軟部外科疾患

EFFORTS FOR SAFETY

安心の医療への取り組み

スペシャリストが在籍

腫瘍科認定医I種取得者が2名、II 種取得者が1名在籍しています。その他にも各大学や動物病院で専門知識を学んでいる者がおり、病院の医療レベル向上に励んでいます。

万全の手術体制

手術を行う際には、手術に応じて5名1組(術者、助手、麻酔師、機械担当、記録 担当)となり、万全の体制を取っています。手術の質の担保と向上に役立てています。

設備・院内紹介

精密な検査

適切な検査なしに、正確な診断・治療は行なえません。当院内に検査のプロである検査会社に常駐いただき、迅速かつ高品質な医療に役立てています。

動物ケンサ株式会社について

ストレス軽減

治療を受ける動物たちが、動物病院という慣れない環境に緊張するのは当然のことです。動物たちのストレスを軽減する目的で、犬と猫の待合室と診察室を分けています。

スタッフ紹介STAFF

STAFF

スタッフ紹介

私たちは現状に満足することなく、飼い主様の満足度向上のために医療、病院運営にあたっています。 チーム医療・チーム看護で頼れる動物病院を目指し、研鑽を重ねています。

スタッフ紹介

INSURANCE AND PAYMENT

保険とお支払いについて

ペット保険

アニコム、ペット&ファミリー

クレジットカード

VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナーズ、ディスカバー

GREETING

院長挨拶

動物たちのために 常に全力をそそぐ

私たちは知識と技術を基に患者ファーストの治療を目指しています。決して教科書やエビデンスにとらわれず、各々の動物の状況に合わせた治療の選択肢を提示いたします。 そして、信頼される質の高い治療を行うためにチーム医療に重きを置いています。獣医師はお互いに情報の共有と協力・支援し、看護師は皆様に不安を与えないよう明るく接し常に動物たちの様子を診ています。 我々は飼い主様・動物たち共に安心できる愛情のこもった治療をおこなう事をお約束します。

院長 堀英也

FOR VETERINARIAN

獣医師の先生へ(症例紹介)

FOR VETERINARIAN

獣医師の先生へ(症例紹介)

当院では一次病院の先生方からの症例紹介も承っています。
腫瘍科、整形外科、循環器科、眼科に対し、
専門的な医療をご提供します。
紹介にあたり、先生ならびに飼い主様のご希望にそう形で、
当院での治療範囲の相談をさせていただいています。
紹介は専用フォームからご連絡ください。
本院に、お電話にてご連絡いただいても構いません。
ご相談も承りますので、お気軽にご連絡ください。

症例紹介フォーム